リハビリ特化型デイサービスとデイケアの違いって何だろう?

施設・通所関係

こんにちは。
ながとです。


在宅の仕事をしていると、様々な施設の名前を目にする事があります。
その中でも、「ん?」と思う施設があります。


「リハビリ特化型(機能訓練特化型)デイサービス」です。


リハビリを目的に(それもどうなのか・・・詳細は後程)した短時間、午前と午後に分けたデイサービスが数年前から増えています。
んん?
ちょっと待ってください。


リハビリは「デイケア(通所リハビリ)」で行う事が出来ますよね。
dもリハビリ特化型のデイサービスもある。


この2つの違いは何でしょうか?
今回はそんな話です。

スポンサーリンク

リハビリ特化型デイサービスとデイケアの違いとは?

この2つの施設の違いは、私の考えではありますが「専門職の有無」と考えます。
専門職の有無というのは、常勤のドクターやセラピストがいるかどうかです。


デイケア(通所リハビリ)では、施設基準として常勤のドクターがいないといけません。
また、セラピストも利用者さんの人数に応じて配置しないといけません。


デイケアの施設基準は、ドクターの配置もあり厳しい様にも見えますが、ドクターがいる事はやはり「安心」しますよね。
利用者さんが急変したり、転倒したりした際等何かあった時はすぐに対応が出来るので、(もちろんリスク管理はしますが)安心してリハビリに専念出来ます。


リハビリ特化型のデイサービスには、基本的にドクターはいません。
デイサービスを利用する際には、しっかりとスタッフが「リスク管理」を行っている事が条件になってきますね。


あっ!
もちろん、デイケアでもスタッフ一人一人が、利用者さんへのリスク管理は行っています。
リスク管理を行ったうえで、ドクターがいる事といない事で違いがあります。


私が考えるリハビリ特化型デイサービスとデイケアの大きな違いはここに尽きるのかなと。

言語聴覚士のリハビリを行うには指示書が必要

また、セラピストは「ドクターの指示」の元リハビリを行います。
ドクターの指示がないと理学療法・作業用法・言語聴覚療法を行う事は出来ませんし、また●●療法と名乗る事は出来ません。


逆にリハビリ特化型デイサービスは、「デイサービス」の施設基準を満たしていれば、ドクターやセラピストの配置は義務化されていません。
元々は、デイケアでリハビリのみを行いたいという、利用者さんの希望から生まれたデイサービスです。


元は「デイサービス」なのでドクターはいませんし、セラピストもいません。
(セラピストに関しては、PT・OTさんがいる施設が多くなってきたので、施設によってはセラピストはいます)


ドクターはいませんので、ドクターの指示がないのと同じです。
利用者さんの主治医に「リハビリをしてもいいですよという指示書」がある場合は別として、指示書がない場合は「●●療法」は出来ません。
(そういう法律になっていますからね)


その為、ドクターの指示がない時は、●●療法を行うよりも、筋力UPのマシンを使用したトレーニングがメインになって来ます。
セラピストに11対1でリハビリを受けたい場合は、少し難しくなりますね。

スポンサーリンク

リハビリテーションの目的は一体何か?

デイケアとリハビリ特化型デイサービスの違いは、施設にいるメンバーの違いをあげました。
デイケアとリハビリ特化型デイサービスのどちらがいいかと聞かれたら、私は「利用者さんお目的に沿っていれば、どちらでもいい」と考えています。


私も仕事をしていると、どうしても抜けてしまう事がありますが、リハビリテーションって誰の為なんでしょうね?


自分達の経営の為・・・かもしれませんが、利用者さんがマシンなり●●療法なりを「手段」として、在宅生活を1日でも安心して過ごせる為にに行うんですよね。
リハビリする為が目的では、リハビリ特化型だろうが、デイケアだろうが、利用者さんの生活のニーズに沿っていないのではないでしょうか。


リハビリが目的ではなく、リハビリはあくまでも「手段」であり、その先の生活の為です。
その目的がしっかりと熊得ていれば、デイケアでもリハビリ特化型でもいいのではないでしょうか。


どちらもいい部分gあありますからね。

まとめ

今回は、デイケアとリハビリ特化型のデイサービスの違いを話しました。
人員配置や指示書とまじめに話しましたが、私の意見は談3章でも述べたように「利用者さんの生活のニーズに合っていれば、デイケアでもリハビリ特化型デイサービスでもどちらでもいいと思っています。


リハビリをする事を目的とするのではなく、あくまで「手段」としてせリハビリの先には「生活」がある事を意識して、一人一人のニーズにあった在宅施設サービスを利用してほしいなと思います。


それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント