訪問リハビリテーションの事業所同士のリハビリ併用は出来るの?

訪問リハビリの仕事

こんにちは。
ながとです。


訪問リハビリでは、様々な事業所と併用する事が可能ですが、
今回は、「他の訪問リハビリテーションの事業所」との併用はどうなのかの話をしていきます。

※訪問リハビリテーションってどんな所?と思った時は、訪問リハビリテーションと訪問看護ステーションの違いと共通点に訪問リハビリテーションの事が載っています☆

スポンサーリンク

訪問リハビリテーション同士の併用は出来るのか?

併用は可能です。
ですが、これらの事に気をつけないといけません

訪問リハビリテーション同士の時間が被ってはいけない

介護保険サービスの特徴で、お互いのサービス提供時間が被ってはいけないんですね。
私なんかがよくやってしまいそうなミスの話をしますね。

例えば
リハビリの振替を行う時なのですが
午後の訪問ST(もちろん訪問リハビリテーションからのリハビリです)を家族に伝えた上で午前に変更するとします。

「よっしゃ!これで午前に振り替えできる!」と思っていたら、実はリハビリ時間の振り返りをしたその日の午前に、他の訪問リハビリが入っていた。

なーんて事もあるかもしれません。
そうならないように、私は提供票を確認して他のサービスの時間と被ってないか確認しています、


以外と確認が抜けちゃって、あわやダブルブッキング!なんて事もありました。
後、確実なのはケアマネさんに伝えると完璧です。

ながと
と言いたいですが、訪問リハビリの振り返って急な事が多いので、ケアマネさんに連絡出来ない時も多いです。

細かなやり取りが大きな連携に繋がるので、そこは私も怠らずこなしていきたいなと思う部分ですもあります。

訪問リハビリの回数増やしまくる事は出来ません!

訪問リハビリテーションからの訪問リハビリの場合は、(退院直後の場合を除いて)1週間に6単位まで介入が可能です。
1回40分だと週3回までの利用となりますし、1回60分だど週2回の利用になります。


たまーに、極たまーにいるんですが、「毎日訪問リハビリに来てほしい」っていう利用者さんがいるんですね。
こんな事を聞くと、正直「何の目的で訪問リハビリを入るのか・・・訳が分からないよ!」とツッコミしたいのです。


が、
が、
利用者さんだけでなく、その利用者さんの担当ケアマネさんがまた凄いんですよ。
利用者さんの言い分を鵜呑みにして、A訪問リハビリテーションで週3回、B訪問リハビリテーションで週3回は可能か、私の働く事業所に確認してきたんですよね。

ながと
いや!ダメでしょうが!

を言いたいけど、ぐっと堪えてオブラートに包んで、丁寧に保険制度の話をして週2回までにしてもらいました。


まさかしないとは思いますが、こんな事例もいたので(笑)
そのような併用はダメですよ!(笑)

訪問リハビリの職種が被るのは黒に近いグレー

訪問リハビリテーションで同じ職種が関わるのはグレーなんですね。

ながと
どういう事かというと、A訪問リハビリテーション事業所から理学療法士(PT)、B訪問リハビリテーションからPTのサービスを使う事です。

よほど、よほどの理由がない限り、訪問リハビリテーション同士で、同じ職種が関わる事はあまりよろしくありません。
逆に、A訪問リハビリテーションから言語聴覚士(ST)、B訪問リハビリテーションから理学療法士(PT)は大丈夫です。


場合によっては、1つの事業所で済ませてほしいという意見もあるかもしれませんが、訪問STは貴重な存在です(私が言うのもなんですが)。


「訪問STがいる事業所」と「訪問STがいない事業所」で併用する事なんてザラにありますので、こういう併用は基本的にはOKです。


スポンサーリンク

訪問リハビリテーション同士の同日併用は出来るのか?

同日の併用も可能です。


私の担当している利用者さんにも、同日(しかもST→PTと時間を置かずに連続で)に併用利用している方がいます。
利用しているサービスで時間が被らなければ大丈夫です。


同日の併用になると、上記でも書いた「振替時間のダブルブッキング」に気を付けた方がいいです。


介護保険サービスって目に見えないですけど、確かに「お金」が絡んできます。
振替等、時間の変更をする時は、他のサービスの事もしっかりと気に掛けた方が得策です★

訪問リハビリテーション同士の併用は出来るかどうか まとめ

今回は、訪問リハビリテーション同士の訪問リハビリの併用は可能かとの話でした。


基本的には併用が出来ます。
時間の調整が必要になりますが、そこはケアマネージャーさんが利用者さんと相談しながら進めていく事になりますので安心してください。


他に訪問リハビリと併用できるサービスが知りたい場合は訪問リハビリ+他の介護保険サービス 併用出来るかどうかのまとめを参考にしてみてください。


それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント