訪問リハビリの指示書の依頼は誰にすればいい?主治医?施設医?

訪問リハビリの仕事

こんにちは。
ながとです。


訪問リハビリの利用者さんは、病院の様に患者さんがどんどんやって来るのではなく、ケアマネージャーさん(ケアマネ)からの依頼で介入します。

ながと
ケアマネさんって・・・?誰よ!?と思った時はこちらの記事をどうぞ☆
介護保険申請後のサービス開始に必要な事とは?

で、ケアマネさんの中には訪問リハビリ開始までの流れを把握しきれていない方も少なくありません。
中でも「訪問リハビリを開始するための指示書」の事をしっかり把握しきれていないケアマネさんもいます。


そういう時は訪問リハビリに携わっている私達が流れや意義の説明をしますが・・・さあて、しっかりと内容を説明できますか?


私ですか?
ケアマネさんに聞かれて、自信なく答えてしまって「やべ・・・しっかりと説明できない!?」と、焦って指示書に関して勉強しました(笑)


あなたもそんな状況になって、「やべえ!?」とならない様に、今回は「訪問リハビリの指示書に関してのあれこれについて」話していきますね!

スポンサーリンク

訪問リハビリの指示書の依頼は誰にするの?

訪問リハビリでも、ドクターの指示がないと動く事が出来ません。
では、訪問リハビリの指示書は誰に依頼をするのでしょうか?


訪問リハビリテーションの場合は、よほどの理由(といいつつ、どんな理由なんでしょうか・・・?)がない限り、きっと3か月に指示書を出しているのでないでしょうか?


訪問リハビリの指示書を依頼する相手は、利用者さんの主治医ですよね。
利用者さんの主治医の書類でないと、事業所のドクターからも「訪問リハビリを行っていいですよ!」と快諾できないんですよね。


他の病院に主治医がいる場合の流れはこんな感じです。

たまに、主治医以外の先生でも指示書を書いてくれるのでは?と勘違いするケアマネさんがいます。


例えば

現在は「にこにこながと病院」というなんだか怪しい病院で入院しているが、退院後に初めて訪問リハビリテーションを使用したいと考えているAさんがいるとします。

Aさんの主治医は現在入院している病院ではありません。
別の「プンプンながと病院」のドクターが主治医です。

ですが、担当のケアマネさんは「すぐに訪問リハビリを利用したいので、現在入院している病院のドクターに書いてもらっていいですか?」と相談します。

この場合は、入院先のドクターが主治医になるのであれば、指示書は「にこにこながと病院」のもので構いません。
しかし主治医は別にいるので、Aさんは退院後「プンプンながと病院」で受診をしてそこで指示書を書いてもらう事になります。


そして、訪問リハビリテーション事業所に依頼した指示書が届いて、初めて訪問リハビリを開始する事が出来ます。


なので、「すぐに訪問リハビリを利用したいので、現在入院している病院のドクターに書いてもらっていいですか?」というケアマネさんの相談に対しておういる事は出来ません。

スポンサーリンク

訪問リハビリの指示書が必要な事をケアマネさんに伝えよう

ケアマネさんに新規の利用者さんを紹介された時には、「指示書は主治医に依頼しないといけないので、他の病院が主治医だったら受診して来いやー!」とオブラートに包んで、「他のの病院が主治医なら受診して下さい」としっかりと話しておくといいと私は思います。


ケアマネさんの中には、指示書の事がイメージがしっかりと出来ていない方もいらっしゃいます。
※もちろんケアマネさん全員を指していませんのであしからず。


利用者さんや家族側からしても、早く訪問リハビリをスタートしたい・してほしいと思っています。
依頼する指示書で、ごたごたしてしまうと、時間だけが過ぎていき、利用者さん側にとっては不利益になってしまいますよね。


初回の訪問リハビリをスムーズに進行できるように、事前にケアマネさんに指示書の事をしっかりと説明する事も訪問リハビリの大切な仕事になります。

ながと
にしても、訪問リハビリは書類関連の仕事(雑務?)が多い事多い事。

訪問リハビリテーションの指示書の場合は、3か月で有効期限が切れてしまいます。
なので、3か月に一度更新していかないといけません。

だいたいの利用者さんも3か月に一度は受診をしているので、そのタイミングに合わせて指示書の依頼をしていきます。
これも訪問リハビリの仕事なんですよ~。

2回目以降は、指示書の到着が遅くても、「有効期限が切れる前に主治医の元で受診をした」事さえ分かっていれば、リハビリは継続できます。

ただ、有効期限以降に受診をする場合は、期限切れの期間は訪問リハビリをする事は出来ません。
主治医の指示書がないので、訪問リハビリステーションの事業所のドクターは訪問リハビリの指示が出来ないんですね・・・。

その旨も伝えるともっといいかもしれませんね。

訪問リハビリの指示書 まとめ

今回は、訪問リハビリに欠かせない「指示書」の話でした。
参考になってくれればう嬉しいです。


初回の訪問リハビリではとても大切な書類になるので、利用者さんとのリハビリをスムーズに行える為にも、しっかりと指示書の事は理解しておきたいですね!


私も今度はしっかりと説明できると思っています(笑)


それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント