訪問に行く時に必要なものin夏!

訪問リハビリの仕事

こんにちは。
ながとです。


今年の夏は、毎日暑いですね。
訪問リハビリでは、一番体力的にも精神的にもしんどい時期かもしれません。


私は自動車で訪問先に行っていますが、自動車での移動もしんどいです。
そんな暑い時期に気を付けるべき事が「熱中症予防」です。


暑い時期を乗り切るのに「あった方がいいな」と思ったものを話していきます。

暑い夏に必要なのは〇〇と〇〇

暑い夏を乗り超えるために必要なのは、やはり水分と塩分だと思っています。
訪問リハビリは移動時間がある為、体を動かすだけで自然と水分と塩分が失われていきます。
しかも、炎天下の中を移動するので猶更ではないでしょうか。

水分は麦茶か水。〇〇はダメ?

私の場合ですが、水分は麦茶か水を選んでいます。


スポーツドリンクでもいいかもしれません。
でも、スポーツドリンクは一気に飲み干してしまうのと、甘いゆえにすぐに喉が渇いてしまうので、飲まないようにしています。


また、移動中のコーヒーも控えています。
コーヒーや紅茶などの、カフェイン入りの飲み物は水分補給にならないと言われています。


それは、カフェインに含まれる利尿作用が働くらしいです。
カフェインが含まれるものは、お茶・紅茶・コーヒー・エナジードリンク・コーラなどです。

車で40分以上移動している時に、突然頭がクラクラし始めました。
これはまずい!と思ってコンビニに緊急停車して、ポカリスウェットを購入して飲みました。
移動中に飲んでいたのはコーヒーのみだったので、ちょっとした脱水症状と塩分不足が出たのかなと思いました。

訪問車の中で、色々な飲み物を飲んで「水」が一番いいと思いました。
下記の表にまとめたので、参考にしてみて下さい。

  おすすめ
おすすめ。喉にもいいのでSTとしてもおススメ!
麦茶 おすすめ。がばがば飲める。
緑茶 カフェイン入りでなければおススメ
その他お茶 カフェイン入りでなければおススメ
コーヒー カフェインが入っている為、利尿効果で脱水しやすいです。夏にはお勧めできません。
紅茶 カフェインが入っている為、利尿効果で脱水しやすいです。夏にはお勧めできません。
スポーツドリンク 熱中症症状が出た際は補給するべきです。普段の水分補給では、甘すぎる為すぐに喉が渇いてしまいます。
ジュース 楽しむ程度に飲みましょう。水分補給には向いていません。

でも、水だけでは熱中症状を防ぐことは出来ません。
外に出る分炎天下にいる時間も長くなるので、塩分補給も必要です。


塩分補給は、塩飴が一番です。
さっと取り出してさっと口の中に入るので、運転中でもなめる事が出来ます。
1個舐めるだけでも、体はだいぶ楽に感じます。

スポンサーリンク

その他必要なもの

その他に必要なものは、日よけ対策グッズだと思います。
自転車・バイク・自動車に共通して必須のものは、腕を紫外線から守るアームカバーですね。
アームカバーがないとすぐに腕がこんがり焼けてしまいます。


あとはサンバイザーもあると便利です。
日よけグッズも持って、訪問リハビリに臨む必要性があります。

まとめ。体が一番堪える時期だけど、踏ん張る

今回は、訪問リハビリで「夏に必要な物」の話でした。
水分や塩分補給、日よけも必要ですが、夏バテに負けない体でいる事も大切です。


訪問リハビリは、リハビリを行う以上に、利用者さんの自宅まで移動する時に体力を使う仕事だと痛感しています。
体が夏バテで疲れ切っている時には、利用者さんにいいパフォーマンスが提供できないと思います。


訪問リハビリの夏は厳しいですが、早く涼しくなる事を願って踏ん張っていきましょう。


それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント