試験前日はホテルに泊まろう!その理由と予約におすすめサイト

ST関係

こんにちは。
ながとです。

もうすぐ国試ですね。
勉強の準備はもちろんですが、ホテルの宿泊の準備はお済ですか?

え!宿泊はしないと考えていませんよね?

その考えは危ないですよ。

その理由を今回お話ししますね。

スポンサーリンク

試験前日はホテルに泊まろう!その理由は?

大切な国家試験前日ですが、東京近くに住んでいると、自分の家で過ごして朝一で会場まで行こうと、考えているかもしれませんが、はっきり言いますがおススメしません。

会場近くのホテルを利用するべきです。
理由は大きく分けると2つあります。

電車の遅延

電車の遅延がないとは考えられません。
事故はもちろんですが、怖いのは「雪での遅延」です。

数年前の国家試験前日と当日に、東京では大雪が降りました。
その時電車が大幅に遅れて、試験会場に間に合わない方が大勢いました。

この時は、試験も1時間遅れて開始されました。

「時間変更あるなら大丈夫じゃん」と思っていませんよね?
また同じような大雪があった場合に時間の変更なんてあるのでしょうか・・・。

数年前の大雪は特例で許されただけで、普段の電車の遅延では試験開始の遅れは絶対に許されないですからね。

ここ数年では関東地方でも雪が積もるようになってきています。
天候の影響もあるので、試験会場に近い(電車が止まってもいいように徒歩で行ける距離をおススメします)ホテルに泊まりましょう。

雪が降らなかったら「あーよかった」と思えばいいんです。

朝早く起きる

私も国試前はそうだったのですが、「朝寝坊したらどうしよう!」と思ってしまう事です。
家から会場が遠い場合は、いつもよりも早い時間に起きないといけません。

1秒でも会場に入れなかったら、受験資格をはく奪されます。

朝寝坊の為に、勉強の努力が水の泡になってしまう可能性もありますよ。

ホテルでもしっかり起きれるか不安・・・と思ったら、一緒に受験する友達と一緒に泊まってもいいと思います。
私も同期と一緒に泊まって、起こしてもらいました(笑)

以上を挙げましたが、ホテルの料金は高いよ・・・と思うかもしれません。
しかし、考えてみてください。

国試を受験する為には、安心安全に会場に着く事が大前提です。
その為にもホテルの宿泊は大切です。

ホテルの料金は高いですが、その後に言語聴覚士として働けるのなら、決して高い金額ではないと思います。

ホテルの予約でおすすめサイトは?

「やっぱりホテルに泊まろう!」と考えた時、色々なサイトがありますが、私はこのサイトがおススメです。

じゃらんさんで、愛用しています。

私の時は、国試1か月前にもしっかり予約出来ました。
ただ徒歩30分ほどの場所だったので、会場に近い所を予約した場合はすぐに予約しておきましょう。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、国試前のホテルに宿泊した方がいい!という話をしました。
言語聴覚士の国試は、年に1回です。

会場に1秒でも遅れたら、入る事は出来ません。
しっかりと合格してSTになるのなら、ホテルの宿泊をする事をおススメします。

国試当日、何が起こるか分かりません。
何も起こらない事を願いますが、万が一の保険としてホテルの予約を検討してください。

それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント