インフルエンザの予防に睡眠が大切?時間は何時間が最適?

ST関係

こんにちは。
ながとです。


言語聴覚士(以下ST)の国家試験の勉強は進んでいますか?そろそろ佳境に近づいてきましたね。
この時期は頭に知識を詰め込む事も大切ですが、体調の管理も大切になってきます。


特にこの時期はインフルエンザが怖いですね。
私も国試直前にインフルエンザに罹ってしまった経験があります。(詳しくはこちらの記事をどうぞ)


この経験からも、この記事を読んでいるあなたに伝えたい、インフルエンザ予防の中で「大切な睡眠」についてお話ししますね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防には睡眠が大切!その理由は?

国家試験の勉強をしていて、「睡眠不足」に陥っていませんか?
私も勉強していた時は、「沢山勉強しないと!」とついつい夜遅くまで勉強していた事があります。
(だから罹ってしまったのですが(笑))


この時期だからこそ、勉強は夜遅くまで行わずに「しっかりと寝てください」


どうして睡眠をとらないといけないかというと、睡眠をとる事は体を休めるだけでなく、自分の体の中で「免疫」が作られます。
免疫は予防接種でも作られますが、インフルエンザの型によっては予防接種が効かない事もあります。


そんな中で、自分の体の中で「免疫」を作る事がインフルエンザの予防に繋がっていきます。
その免疫を作るのが、「成長ホルモン」です。


成長ホルモンは、STの国試の内科の項目でありますね。
成長ホルモンの役割は、その名の通りに「骨」や「筋肉」の成長を助けるホルモンです。


ですが、成長ホルモンはそれだけでなく、免疫力を高める働きがあります。
成長ホルモンは子どもの時が一番分泌量が多いですが、大人になった今でも睡眠の時に分泌されて疲れを取ったり、免疫力を高めてくれます。


なので、睡眠を怠ってしまうと免疫力がガクッと下がってしまいます。

睡眠の時間で一番適切な時間はあるの?

睡眠が大切な事はご理解いただけたかと思います。


私も仕事やブログの記事を書いたりして、ついつい寝不足になると、次の日体の調子がおかしくなりますね。
そしてすぐに風邪をひいてしまいます(笑)


私だけでなく、あなたもそんな経験ありませんか?
睡眠って本当に大切なんですよね。


では、何時間寝ればいいの?と思いましたよね。
確かに・・・何時間寝ればいいのでしょうか。


と、よく耳にするのは「夜の10時には寝た方がいい。夜の10時に寝ないと成長ホルモンが云々」


「えー!」って思いますよね。
夜の10時じゃあ、まだ起きているよ!と思いましたよね。(この時間に寝てるよ!って場合はごめんなさい)
私も起きてますし、この記事を書いている時間はまさに「夜の10時」です(笑)


そうなると、もう成長ホルモンは分泌されないの?免疫力はどんどん落ちていくの?と思いますよね。


寝る時間帯よりも「寝る時間数」が大切になって来ます。
大切なのは、寝始めの「3時間」です。


「おやすみ~」と寝始めてから、3時間が一番成長ホルモンが出やすいのです。
この睡眠時間帯は「ノンレム睡眠(深い睡眠)」と言われていて、副交感神経優位になって体が休まる状態です。
この時に、成長ホルモンも分泌されて免疫力が上がります。

そういえば、レム睡眠とノンレム睡眠に関する問題がSTのいつぞやの国試に出ましたね。
「ノンレム睡眠って何だっけ・・・」と思ったら、復習してみてくださいね。

「何時に寝ればいい」というよりも、しっかりと深い眠りにつく事が大切になります。

スポンサーリンク

深い睡眠をとる方法は?

睡眠が大切で、深い睡眠(ノンレム睡眠)で免疫を高めたり体を休めたりする事を話しました。


最後に、どうやったら深い睡眠をとる事が出来るのかの話をしますね。
私のおすすめは、あったかいお風呂にしっかりと入る事です。


体を温める事で試験勉強でピリピリしていた体(正確には交感神経)が、お風呂に入って体を温める事で副交感神経優位になります。


この時に、お風呂の温度は38~40度がベストです。
あまりに熱すぎると、副交感神経優位になるどころか、交感神経優位のまま体がリラックスする事が出来ません。


また、寝る前に首元を温めるのもおススメです。
頸部(首です)には神経が沢山張り巡らされています。


この神経を温める事で、リラックスされてぐっすりと眠れますよ。
寝る前に体を温める事が大切ですね。

まとめ

今回は、試験勉強も大切だけど、インフルエンザに負けない様にしっかりと眠りましょう!という話でした。
睡眠時間を削ってまでも、勉強したい気持ちは分かります。


この時期は追い込みの時期でもありますからね。
だからこそ、しっかり睡眠をとってほしいです。


インフルエンザになったら、元もこうもありません。
自分の自己管理もできてこそ、国家試験に無事に合格する事が出来るんです。


ここでは具体的に書きませんでしたが、睡眠は免疫を挙げるだけでなく、「記憶の定着」もしてくれます。
しっかり眠る事で、あなたが勉強した知識が、しっかりと脳に焼きつきます。


ラストスパートの時期ですが、しっかりと体調も整えてくださいね。
少しでも免疫が落ちると、インフルエンザにはあっという間に感染してしまいますよ。


私みたいにならない様に、気を付けてくださいね。


それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント