サービス担当者会議に参加した方がいい理由

ST関係

こんにちは。
ながとです。


介護保険の領域で働くと、一度はこの言葉を聞いた事があると思います。

「サービス担当者会議」

聞き覚えありませんか?


このサービス担当者会議は、介護保険の領域で働くセラピストにはリハビリ業務の中でも特に大切です。
この会議に出る事で、利用者さんの「生活」に対してより意味のあるアプローチに繋げる事が出来ます。


今回は、そんなサービス担当者会議についてのお話です。

サービス担当者会議とは?

そもそもサービス担当者会議とは何でしょうか?


サービス担当者会議は、ケアマネージャー(以下ケアマネ)が主催して行われる会議です。
ケアマネージャーが、利用者さんと家族を始め、サービスを利用している各事業所の担当者を集めて会議を行います。
会議の場所は、事業所や利用者さんの自宅で行われる事が多いです。


サービス担当者会議で主に参加する各事業所の担当者として、以下の通りです。

①(通所・訪問)介護職員
②訪問看護
③セラピスト
④福祉用具の事業所
(訪問歯科・在宅ドクターが参加する事もあります)

いつ頃開催されるの?

原則として、以下の時の開催が義務付けされています。

①ケアプラン作成・変更時
②要介護認定更新時
③要介護認定区分変更時
④継続して福祉用具を利用する場合

会議の内容は?何を話し合うの?

ケアマネさんが司会進行で会議は始まります。
主な内容としては、利用者さん・その家族の意向の確認や、各事業所の担当者から、利用者さんの生活場面内の評価や専門的意見を話します。
話し合った内容から、ケアプランの修正や最終決定をする場となっています。

専門的な意見で、一つ注意しなくてはいけない事があります。
よくありがちですが、リハビリの専門用語のオンパレードが出てくる事があります。
セラピストにか通じない専門知識を使わない方がいいです。

私も1年目に担当している失語症の利用者さんの評価で、
「聴理解(耳で聞いた内容を理解する事)が単語レベルでは可能ですが~助詞の使い方が~云々」
みたいに、専門用語のオンパレードをしてしまった事がありました。

その時一緒に参加した先輩PTさんがフォローして、会議は終わりました。

専門用語のオンパレードは、セラピストの自己満足でしかないです。
会議に参加している関係者全員が、分かる内容を話さないといけないです。

サービス担当者会議に参加するメリット

サービス担当者会議に参加するメリットを挙げます。
会議に参加するメリットは、関係者が集合し、顔合わせをすることで情報を共有する事が出来る事です。


会議以外でも、電話やFAXで情報のやり取りは行うと思います。
しかしどうしても顔を合わせない為に、意図した情報を伝えられなかったり、他の事業所に情報を伝達する事を忘れてしまう・・・なんていうミスが、出てきてしまう事も少なくありません。


会議を通して、各事業所の持つ情報を共有する事で、利用者さんの生活での問題点・疑問点・解決策をその場で提案し実行する事が出来ます。
また、家族が抱えている不安や疑問も、会議を通してその場で提案策を出したり解決する事が出来ます。


それだけでなく、事業所同士が顔なじみになり連携がスムーズになります。

スポンサーリンク
どうしても会議に参加できない場合
書面で、ケアマネさんに報告する事も可能です。
会議の終了後に、どのような会議だったかを、ケアマネさんに確認する事が大切です。

ちょっとした工夫

サービス担当者会議に参加する時に行っている工夫を紹介します。
(工夫といえるか分かりません。当たり前のことかもしれません)


失語症や構音障害・嚥下障害の、評価や訓練内容・訓練経過を1枚のサマリーにまとめて、ケアマネさん・各事業所に渡しています。


書面で渡す事のメリットは、こうかなと考えています。
失語症や構音障害のように、中々イメージがしにくい障害に関しては、言葉のみで説明するよりも、内容の把握がしやすいです。


ケアマネさんには好評です。
書面がある事でお互いに話しやすく、担当者名も残るので、名刺のみを渡すよりも連絡が取りやすくなります。

また、書面を渡す丁寧なセラピストとして、名前を覚えてもらいやすいです。

まとめ。会議に出よう

今回はサービス担当者会議に関する話をしました。


サービス担当者会議は、ただ会議で意見を話すのではなく、利用者さんの今後の生活に繋がる会議です。
それだけでなく、各事業所で連携がとりやすくなります。
時間調整は大変かもしれませんが、時間を調整してでも会議に参加して、利用者さんの生活をよくしましょう!


それでは。
以上です。

スポンサーリンク

コメント